製品安全:漏れ電流!

漏れ電流またはタッチ電流は、内部電源部とアクセス可能な機器間の不十分な絶縁、または不適切な接地のために、機器へのアクセス可能な部分に存在する不都合な漏れ電流のことです。
・漏れ電流は次のように①、②、③に分類される。
①保護導体電流、または漏電電流:
IEC 60601-1規格で、「主電源部品から絶縁体を通ってまたは絶縁体を横切って保護接地導体または機能接地接続に流れる電流」として定義されている。
②タッチ電流、またはエンクロージャの漏れ電流:
IEC 60990規格で「設置または機器の1つまたは複数のアクセス可能な部分に触れるときの人体または動物の身体を通る電流」として定義されている。
③患者の漏れ電流(医療用電気機器に存在):IEC 60601-1規格で「患者接続から患者を経由してアースに流れる電流」として定義されている。
・これらの漏れ電流は、主電源で動作する電気機器で発生し、機器に接触する人(ユーザー、オペレーター、サービスプロバイダーなど)の「感電の危険」となる。


・次のような理由で、漏れ電流の値が大きくなる可能性がある。(不適切な接地または機器の設置、・機器の絶縁材の経年劣化および劣化、破損した部品)。
・許容値よりも大きい漏れ電流が発生している機器は、人体に感電の危険をもたらすので、許容値以下に低減する必要がある。


・漏れ電流の存在によって発生する感電から使用者を保護するために、試験を行います。この試験では、特定のテスターを使用してタッチ電流/保護接地電流/漏れ電流試験を実行します。
・漏れ電流の試験は、「定格電圧の上限と、最高周波数」で試験する必要があります。


・アースおよびタッチリーク電流に直接関係する部品(RFフィルターなど)を選択する場合、それらの部品の漏れ電流定格は注意して選択する必要がある。以上です

投稿者: iNARTE認定(EMC&製品安全)エンジニア

*大手総合電機メーカにて、電気・電子機器の設計、EMC設計、製品安全設計に携わってきました。実際にEMC&安全規格認証取得を数多く、経験しています。