マルチメディア規格IEC 62368-1への対応が必須!

*マルチメディア機器は2020年12月20日以降は欧州、米国では適合すべき規格が「IEC60950からIEC62368-1へ完全に変更」になります。
*従って、このマルチメディア規格への対応が必須になります。


*IEC 62368-1がIEC 60950-1とIEC 60065の規格の単なる合併であるとは想定しないことが重要です。又、全く、違う構成、テストレポートも違う内容になっているため、再試験が必要です。
・全部の試験内容が規格の本体項目に記載されておらず、附属書にも分けて、記載されている。
・この規格を検討する際には、採用されている新しい用語の理解です。
・電源装置やファンなどのコンポーネントやサブアセンブリもこの規格に適合した認証が必要になります。(IEC60950では不可)


*この規格は危険性に基づく標準工学(HBSE)の原則に基づいて作成されたものです。HBSEでの安全性は製品に依存しているのではなく、機器内のエネルギーに基づいているという原則によって確立しています。
・下図はIEC 62368-1保護の概念と、1~4の主要工程です。


・IEC62368-1の要求内容はIEC60950規格と異なつており、又、テストレポート様式も違うので、再試験が必要になります。
(下表(相違点)はあくまで一般的なものです。すべてを網羅するものではありません。)


*IEC 62368-1への対応を、今から始めることを推奨します。
以上

マルチメディア機器の規格 IEC 62368-1の概要!

このマルチメディア規格においては、「体系など基本内容」を理解することが大切です。


主なポイントです。
・表題:「オーディオ・ビデオ及び通信技術機器」の安全要求事項
・適用範囲:「機種の例」が附属書Aに記載。
・リスクベース規格:IEC 61010-1と同じくリスクベースの要求事項である。
・しかし、リスクアセスメントの要求はない。
・一般要求事項は第4章と附属書
・各危険源リスクへの要求事項を5章~10章に記載
電気的傷害(5章)
電気による火災(6章)
有害物質(7章)
機械的傷害(8章)
熱による傷害(9章)
放射(10章)
・体系及び要求内容がIEC 60950-1と異なる。
・試験レポート形式も全く違う。
・「各リスクの限度値」は危険エネルギーの危険レベルにより、異なる。


*参考:IEC 62368-1とIEC 60950-1の体系
(1)IEC 62368-1体系

(2)IEC 60950-1体系


*参考情報:JEITAから比較表が公開されている
IEC 62368-1 第 2 版 - IEC 60950-1 第 2 版 Amendment2 対比表


*参考情報
・IEC 62368-1:2014(2版)のJIS版(JIS C62368-1:2018)が発行されており、下のJISCから、閲覧できます。


*上記の支援を致します。
・「ご依頼内容」を「お問合せ」から、ご連絡下さい。