WEEE指令において、生産者登録が2020年1月1日から適用されています!

*WEEE指令において、以前はゴミ箱☓マークのみが必須であったが、委員会実施規則(EU)2019/290により、届け出の義務が2020年1月1日から、発生しています。


生産者のWEEE指令における義務


・WEEE指令が定める電気電子機器の生産者に対する主な要求事項は、下のようです。(尚、生産者は、製造業者がけでなく、輸入業者なども含まれる)
(1)加盟国の所轄当局に決まった登録形式で各国のWEEE担当当局に登録する。
 ・登録当局の詳細は、「European WEEE RegistersNetwork」で見つける。
 図.生産者の「欧州当局へのWEEE登録(義務)」
図.生産者の当局へのWEEE登録
(2)各生産者は、個別構築に、または共同スキームに参加することにより(両者の併用も可)、WEEE処理システムを構築する。
(3)再利用、解体、リカバリーに考慮して、製品を設計する。
(4)製品の使用者やWEEEの処理施設に、指令で定められた情報を提供し、「ゴミ箱×記号(下図)」を製品に貼付する。
図.WEEE指令で指定の「ゴミ箱×記号」:注)図の下の”ー”は必須。
図.WEEE指令・ゴミ箱×記号


*関連URL
WEEEのページ.
実施規則(EU)2019/290:電気および電子機器の生産者の登録および登録への報告の形式
・「生産者用フォーマット」は附属書ⅠパートAを使用
・「正規代表者用フォーマット」は附属書ⅠパートBを使用