日本企業は欧州内に認定代理人の設置が必須になる! 2021年7月16日から

・「市場監視と製品のEU法遵守」に関する法律:Regulation (EU) 2019/1020を公示しました。
・適用は「2021年7月16日」から、即、有効になります。


*重要点は、「欧州に支店等などがない第三国メーカ」は、認定代理人を置かないと、輸出できなくなることです。
・第三国メーカ(EU以外のメーカ)
は、EU内に認定代理人と契約する必要がある。
・インターネット販売している企業も、同く必須です。


EU認定代理人
図.EU内の製品の法遵守と市場監視強化によるEU認定代理人の設置


*EU認定代理人の定義:
 ・「認定代理人」とは、EU域内で設立された自然人または法人で、関連するEU調和法または本規則の要件に基づく製造者の義務に関して、特定の業務を代行するよう製造者から書面による委任を受けた者をいう。
この法律(規則)のURL

REGULATION (EU) 2019/1020 OF THE EUROPEAN PARLIAMENT AND OF THE COUNCIL of 20 June 2019
:「(製品の市場監視と製品の法令遵守に関する指令(2004/42/EC) の改正」

投稿者: 「EMC&Safety」認定エンジニア

*CEマーキング、EMC,製品安全等の適合をサポート。 ・iNARTE認定(EMC & Safety)、東京都立産業技術研究センター・MTEP専門相談員