AV/情報通信機器のIEC 62368-1規格の適合が必須!

*AV/情報通信機器は2020年12月20日以降は欧州、および米国では適合すべき規格が「IEC60950からIEC62368-1へ変更」になります。
*従って、この規格への対応が必須になります。


1.概要
*IEC 62368-1規格は、「IEC 60950-1とIEC 60065の規格の単なる合併ではない」ことが重要です。又、全く、違う目次構成であり、テストレポートも違う形式になっています。このため、再試験が必要になります。
・全部の試験内容が「規格の本体項目だけではなく、附属書にも分けて、記載されている」ことに注意が必要です。
・この規格を検討する際には、新しく採用されている用語の理解が必要です。
・電源装置やファンなどのコンポーネントやサブアセンブリもこの規格に適合した認証が必要になります。(IEC60950では不可になることがあります。)


2.本規格の考え方原則
*この規格は危険性に基づく標準工学(HBSE)の原則に基づいて作成されたものです。HBSEでの安全性は製品に依存しているのではなく、機器内のエネルギーに基づいているという原則によって確立しています。
・下図はIEC 62368-1保護の概念と、1~4の主要工程です。


3.主な相違点
・下表のように、IEC62368-1の要求内容はIEC60950規格と異なつており、又、テストレポート様式も違うので、再試験が必要になります。
(下表(相違点)はあくまで。主な一般的なものです。すべてを網羅していません。)


*IEC 62368-1への対応を、すぐに、始めることをお勧めします。
以上