グローバルな認証適合を支援します!

海外にも販売を拡大するために、グローバル対応製品を設計・製造して、事業拡大をしましょう!


国際的な「AI・IoT・EV」拡大においては、各国の法令順守・規格適合は必須になっています。
製品の「安全性確保・PL対策」のためも、IEC規格等への適合が必要です。
・情報処理機器(IT機器)、家電製品、産業用機器、機械などの電気電子製品は、広範囲で多く使用されています。
「海外(欧米、中国、韓国など)」では、全ての電気・電子製品に対し、法令(規格)において「IEC規格適合が必須」になっています。従って、当初から、「IEC規格適合のブローバル対応製品状態」になっています。
この結果、各国内はもちろん、「海外に輸出することが容易な状態」になっています。
・一方、日本では電気電子製品の製品安全等に関わる適合の要求は、家庭用電気製品のみです。
又、独自の基準適合でもよい要求になっているので、多くの家電製品は、海外に輸出するためには、IEC規格の適合が必要になっています。
・特に「産業用電気電子機器」は、日本では「製品安全規格の適合が必須でない」ため、IEC規格に準拠したグローバル製品になっていません。
・従って、「日本製品」の多くは、そのまま海外に輸出することができません。
・このため、「海外に輸出する時には、規格適合の再設計・試験など」が必要になっている現状です。
・設計段階から、規格適合設計を行っていれば、最小コストで大きく事業を発展することが可能です。

 


 グローバル製品化のため、以下の手順による対応の習得が必須です。
①対象製品の「EMC、製品安全の規格」を決定する
②規格の要求内容(対策)を「製品に盛り込む」
③規格適合性を設計段階、実機等において、チェックする。
④全試験項目を検査・試験する。
⑤今後の開発に、前記の「規格適合ノウハウ」を蓄積し、次の開発に利用する


弊社では「グローバル製品化」を支援します。
(まず、製品安全規格の理解、現状機器の規格適合を評価しましょう!)
①設計段階から、規格要求を盛込むためのコンサルティング
②試作機等での評価・試験をサポート
③法令・規格において文書化が必須な技術文書の作成をサポート

iNARTE(EMC&製品安全)認定エンジニア


「お問合せ」
 「お問合せ」から、ご連絡下さい。


・東京ミッドタウンから、丸の内・スカイツリー