* グローバル製品化は新製品の必須要件です!


1.  グローバル製品化は「世界対応標準スペック」です!


・全世界で、「ICT、IoT、AI、自動車EV化、通信、ロボットなどの電気電子装置の増加」により、「あらゆる分野で、電気電子機器(EEE)」が利用され、ますます全世界で拡大している。
・これは、全世界の情報即時化による競争によるもので、現状維持指向
では、「事業の拡大、サステナビリティ(事業の継続)など」が難しい。
   ⬇
・世界的な状況や社会/ユーザの要求を取り入れて、製品化することです。

ローカル製品、グローカル製品とグローバル製品の関係
図1. グローバル製品(世界対応になる)


2. グローバル製品化のため、必須要件は3つです


*グローバル製品は、「1.目的を果たす機能は当然で、2.製品安全性、及び 3.環境適合性」を備えた製品であることが必須条件になる。

 図2. グローバル製品のため、必須な3スペック


(1)「グローバル製品」は、「世界標準規格の適合」が必須です。


・欧米での販売製品は、「①機能・性能の向上だけでなく、②製品安全性(LVD/MD/GPSD)・耐ノイズ性(EMC)、③環境に優しい環境適用性(RoHS/WEEE)などの法令遵守」の状態になっている。
*また、中国、韓国などの多数の国々でも、全世界への輸出を考慮しているため、グローバル・スタンダード「世界標準規格IEC/ISO等」で規制されている。
・そして、「家電製品」のみならず、「産業用機器」についても、あらゆる製品がグローバル・スタンダードを順守している。

・即ち、世界の国々での販売製品は、「グローバル・スタンダード製品」になっている。
⇒ 世界のユーザから、「安全/安心に使用できるため、容易に受け入れられる製品」である。
一方、「日本製品」は、一部の家電品、医療機器などの一部製品を除く、その他の多く製品は、グローバル・スタンダードである「製品安全/環境標準」を考慮していない製品が多い。特に産業機器においては、特に法的規制がゆるい。
・このため、下の図1のごとく、そのままでは、グローバル・スタンダードである「CEマーキング取得」が難しい。
国内製品のCEマーキングとグローバル製品の関係
図3. 国内製品のCEマーキング取得とグローバル製品化(製品安全性遵守)の現状


(2)「CEマーキング」は「新製品開発」では必須のスペックです。


■「CEマーキング」の整合規格は、「グローバル・スタンダードであるIEC/ISO規格」と同等なため、グローバル製品化に最適である!
*欧米、だけでなく、中国、韓国などの輸出が多い国では、「IEC/ISO規格を採用した国の法制化」されいる。即ち、国内販売、海外販売も同じグローバル・スタンダード規格の適合が義務(法律)である。(下図を参照)
*特に、グローバル・スタンダードの先進国である「欧州のCEマーキング」得のための「EMC、及びLVD(低電圧指令)等」の整合規格はIEC規格である。

*中国、韓国では、「家電製品」だけでなく、「産業用機器」についても、「グローバル・スタンダード規格」により規制(法令)している。その結果、自然に「グローバル製品」になっている。
・従って、中国品、韓国品は、即、欧米に輸出が容易な状態である。

*一方、「国内向け製品」の多くは、IEC規格による準拠製品になっていないので、性能が優秀でも、製品安全性等において、「グローバル・スタンダード遵守」でないため、海外に輸出が難しい
*「グローバル・スタンダード」である「CEマーキング取得」を新規開発では、実践しよう!

図. 日本と外国の法規制の違いによるCEマーキング取得の容易性
図4. 日本と外国における「製品安全規制」の違いと、CEマーキング取得


(3)「CEマーキング」による効果の例!


①各国規制のクリアが容易 →「世界展開」
「国際規格(グローバル・スタンダード)適合」により、欧米、中国、韓国などの各国IEC規格ベース規制に適合可能になる。

②市場トラブルの減少
「製品の安全性向上 / 環境適合性が実証」され、市場でのトラブル(火災、感電など)が減少する。

③知名度向上
「国際標準の遵守」の証明として、御社のブランディングの向上になる。

・グローバル・スタンダードによる製品化では、市場での信用向上になり、ブランディングが向上する。
④安全性/EMC技術力の蓄積
・機能・性能だけでなく、安全性を考慮した設計のノウハウが蓄積される。

「PL対策」
海外では、事故があるとリコール、そして莫大な賠償費用が発生する。
・IEC/ISO規格に適合した製品は、安全性のエビデンスになり、前記トラブルのPL対策になる。


(4)「費用抑制と取得期間の最短化」を実践しよう!


■ 初めて、CEマーキングに取り組むメーカは、「適合性評価モジュール」の選択が大切です
・自社主体(モジュールA:
自己認証)か、第三者認証(モジュールBorC:NB関与)かで、費用と期間が大きく変わる。
「一番コスト&期間がかからない」のは自己認証(モジュールA)である
① 自己認証:コスト&期間で優位
・自己認証(自社主体)と第三者認証では、下図4のごとく、工程が違う。

図. 自社主体認証と第三者認証の工程の違い
図6. 自社主体認証と第三者認証の工程の違い
② 試験費用等のコスト比較
・自己認証と第三者認証では、下図5のごとく、「試験にかかる費用」が大きく異なる。
図5.EMC試験コスト(例)
図7. EMC試験コスト(一例)
③ 試験・審査期間の比較
・自己認証と第三者認証では、下図6のごとく、「試験と審査にかかる日数」が大きく異なる。
図6.EMC/LVD日数(一例)
図8. EMC/LVD試験&審査日数(一例)
*関連記事:自己認証と第三者認証の違いと自己適合宣言の関係


3. ESTCJは「的確なサポート」を提供します!


・各種規格の内容や適合方法を知り、グローバル製品化を実践しよう!
(1)
 CEマーキング、米国UL/FCCなどのサポート
 ・「低コスト」で、「的確」にサポートします。

 ・「CEマーキング、LVD&EMC&MD&RoHS等指令」適合への全般コンサル
   ・「対象製品の該当EU指令、及び整合規格の選定」など
 ・「製品の規格」適合のサポート
 ・「製品安全設計(LVD)&EMC設計」のサポート
 ・「EMC試験&LVD試験」のサポート
 ・その他
(2)製品安全&EMC技術力の向上サポート
・各種規格の解説セミナー
 ・製品のEMC/LVD規格について解説など
・CEマーキングの
取得手順など
*その他のESTCJのサポートは「サポート内容」のページをご覧ください!


*.「ご相談&お問合せ」先
「お問合せ」ページから、お気軽にお問合せください!ESTCJへお問合せ


*免責事項
このウェブサイトには未確定の情報や私的な見解が含まれています。
当該記載内容は参考情報としてお取り扱いください。
従って、当局等の最新情報、法律原文を参照され、内容の正誤につきましては、ご自身のご判断をお願い申しあげます。


・東京ミッドタウンから、丸の内&スカイツリー
東京ミッドタウンから、丸の内&スカイツリー