「海外展開」を支援します!

「グローバル製品化」を実施して、事業拡大を実行しましょう!
・世界的に、IoT、AI、EV化が「電気・電子機器、自動車又は機械など多くの分野」で、急速に推進されており、この流れにのることが、「事業の存続と事業拡大」のために、必須になっています。
・海外展開のための「グローバル製品」の開発が必須です。


(1)海外展開には「CEマーキング」がグローバル製品の開発として最適です!

「グローバル製品化」のためには、まず、国際規格(IEC規格)による基準の欧州「CEマーキング」が必須です!
 (欧米、だけでなく、中国、韓国などの国では、「IEC規格基に国内規格が規制されており、国内販売で適合が義務(強制)になっています。
*特に
「電気電子製品」は「EMC&製品安全のIEC規格」への適合が必須です!
 欧米、中国、韓国などでは、「家電製品」だけでなく、「産業用機器」についても、「IEC規格適合」が規制(必須)されています。その結果、これらの国では自国向け製品でも「IEC規格適合のブローバル対応製品状態」になっています。従って、中国品、韓国品は、容易に、欧米に輸出が可能です。
*一方、「国内向け製品」の多くは、IEC規格に基ずく設計、および適合になっていないため(日本独自の仕様)に、そのまま海外に輸出することができません。そこで、「CEマーキング対応(IEC規格適合)」を実施しましょう!

(2)CEマーキング(IEC規格適合)のメリット!

IEC規格適合により、海外展開が可能となる。
欧米、中国、韓国などの各国規制はIEC規格ベースである。従い、グローバル製品化が可能になる!
「安全性確保・PL対策」になります!
 特に海外では、事故があるとリコール、そして莫大な賠償金などのトラブルが発生します。
 その場合に、IEC規格に適合した製品は、安全性のエビデンスになり、前記トラブル対策となります。


(3)国際規格(IEC規格)の「適合のながれ」!
①対象製品の「EMC、製品安全の規格」を選定する
②規格の要求内容(対策)を「製品に盛り込む」
③規格適合性を設計段階、実機等において、チェックする。
④全試験項目を検査・試験する。
⑤次回開発のために、「規格適合ノウハウ」を技術文書化(蓄積)し、利用する



#下の①~③を的確・スムーズに
サポートします!
①設計段階でのコンサルティング(まず、「現状機器の規格適合程度」を確認しましょう!)
 ・設計支援(LVD&EMC)
②試作機等での評価・試験をサポート(適合性の確認と試験)
 ・事前評価支援(本試験でトラブルを起こさないために、本試験前に、重要な試験項目を確認する)
・本試験支援(トラブル発生時にすばやく、対処)
③法令等で文書化が必須な「技術文書」の作成をサポート
・CEマーキングで必須な「技術文書、適合宣言書」作成をサポートします。



 「お問合せ」から、ご連絡下さい。


 iNARTE(EMC&製品安全)認定エンジニア
・東京ミッドタウンから、丸の内&スカイツリー