会社ホームページの英語ページと、CEマーク!

会社ホームページに「英語ページを作成する」企業が増えています。
確かに、問合せが増えるのですが、欧州等の顧客から、まず、CEマーキングを取得できていますかとの問合せがあります。
この時点で、取得されていないと、商談成立の可能性が低くなります。
慌てて、CEマーキングをしようとしても、製品がすぐに対応できないのが、現実です。


そこで、会社のホームページに英語ページを作成したら、「CEマーキングの対応」を行いましょう!


下のような流れで実施します。
(1)その掲載製品は国際規格(IEC,ISO)に該当するかどうかを調べる。
(2)該当規格の要求事項の内容を理解する
(3)要求事項の内容を「製品仕様」に定義する
(4)リスクアセスメントを行う
(5)製品設計において、IEC、ISOの内容を盛り込む。
(6)重要安全部品の選定を慎重に行う。
(7)製品を製造
(8)試験を実施。
(9)技術文書を作成する。
(10)CEマーク貼付


又、「各種展示会」において、海外バイヤーから、「CEマーキング取得していますか」の質問が多くあります
従って、展示会への出展前に、対応を考えておく必要があります。


*製品開発の当初から「グローカル製品」化が、「企業発展のため」に必要です。
「グローカル製品」とは、地域限定(ローカル:国内)ではなく、世界(グローバル)の両方に対応した製品のことです。
・横浜(ランドマークタワー)