CEマーク適合の簡易チェック!

 始めて、海外へ電気・電子製品を輸出する場合、欧米はもちろん、多くの国でIEC規格に基ずく規格の適合が必須です。
まずは、その輸出する対象製品が各国が要求する規制(
規格)に容易に適合できるものなのか、いないかを判断することが大切です。
 この簡易チェックを行うことで、かなりの設計変更を減らすことで、期間の短縮、とCEマーク費用の抑制ができます。


・特に主なポイントは以下です。
1.筐体関係
・開口部の大きさ
・筐体アースの仕方、マーク表示
・表示(定格、LED表示色等、警告表示)
2.部品の規格適合
・一次側部品(コネクタ、スィッチ等)
・保護機能部品(ユーズ)
・モータ(ファン含む)
・電池(リチウム電池等)
3.プラスチック部品の難燃性
4.ノイズ部品の使用
など


・安全設計チェックリスト
参考資料のページには、「安全設計チェックリスト」がありますので、利用下さい。


*上記の簡易チェックを行っております。
その他、
お問合せ下さい。

投稿者: 「EMC&Safety」認定エンジニア

*総合電機メーカで、「EMC、製品安全関連」の業務において、「多数の各種規格適合」を実施しました。 尚、「CEマーキングなどの各種認証取得」において、「効果的なサポート」を実践しております。