CEマーク,EU製品規則の順守ガイド( ブルーガイド 2022年版)を発行!2022年6月29日


*「ブルーガイド2022」は「製品をEU市場に販売する場合」に、知っておかなければならない内容が記載されている!


最新版 (Blue Guide 2022)の掲載EU公式サイト
ブルーガイド2022年版 - EUサイト外観


*ブルーガイドは、「EU製品規則(指令/規則)の順守」のガイドです。


1.このブルーガイドは、「EUの適合性評価方法、試験所の認定、CEマーキング、および市場監視の内容」の説明、及び「順守のアドバイス」等について解説している。
2.このブルーガイドは下のごとく、EU法(指令/規則)の順守に関するガイドです
 玩具、低電圧電気機器(LVD)、機械、EMC、測定器、非自動はかり、ケーブルウェイ、無線機器(RED)、医療機器(MDR)、体外診断用医療機器(IVDR)、圧力機器(PED)、可搬型圧力機器、エアロゾルディスペンサー、リフト、レクリエーションクラフト、爆発する可能性のある大気中で使用する装置および保護装置、 民間用爆薬、花火、タイヤのラベリング、個人用保護具、海洋機器、屋外使用機器の騒音放出、非道路移動機械からの排出量、エネルギーラベリング、肥料製品、ドローン」などを対象しています。
3.このブルーガイドの適用外の法律は下です。
 「自動車、建設製品、REACH、EU食品法など」


*「ブルーガイド2022年版」の改訂内容は2016年版以降の規定改定を改定している


 ・市場監視規制 (EU)2019/1020:1.2.1、1.2.2、7.項
 ・オンライン販売または遠隔販売:2.4、2.5項
 ・製品の修理および改造、およびソフトウェアの更新について:2.1項
 ・英国のEU離脱:2.9.5項
 ・適合性評価機関(NB)の評価:5.3.2.2項 など


*「ブルーガイド2022年版」の目次


1.製品の自由な移動の規制
2.製品のEU整合法はいつから適用されるのか?
3.製品の関係者とその義務
4.製品への要求事項
5.製品の適合性評価
6.適合性評価機関の認定
7.市場監視
8.EU域内の製品の自由な移動
9.製品に関係するEU法規制の国際面
附属書 1- 本ガイドのEU法規制(非網羅的リスト)
附属書 2- 追加ガイダンス文書
附属書 3- 有用なウェブアドレス
附属書 4- 適合性評価手順
付属書 5- CEマーキングのよくある質問


*関連URL


・EU製品規則の順守ガイド2022年版:EU公式ページから閲覧、ダウンロードできます。.
 ・The Blue Guide on the implementation of the product rules 2022 is published.
・または、本WEBの便利リンクの2.(8)からも、ダウンロードできます。


「お問合せ」
・CEマーキングをサポートしております。
お気軽に「お問合せ」ページから、ご連絡下さい


 

CEマーキングの目的とメーカの義務、及び市場監視と罰則!

*CEマークの目的は何か!


(1)CEマークは、欧州(EU)で販売される製品が「EUの法律・規格に適合している旨」を表示するマークです。?
・「CE」はフランス語の「Conformite Europeenne (英語:European Conformity)」の略
CEマークのロゴ

(2)CEマークの目的
①各国ごとの異なる安全認証手続に煩わされることなく、製品を自由に流通・販売することを可能にすること。
②企業に同じ基準を課すことにより、公平な競争を促すこと。
③製品の消費者、使用者に対して、同じレベルの健康、安全、環境に関する保護をする。
*CE markingサイト.


*メーカが行わなければならない義務は何か。



(1)メーカ等が製品に実施しなければならないこと。:義務

①製品に関係する「各種の指令(法律)を遵守」しなければならない!
②各指令内で指定する「その製品に関係する規格に適合」しなければならない!
③各指令に適合した製品は「各指令が指定したCEマーク・表示等」、適合宣言書(DOC)、技術文書の作成・保管! など
④継続的製品の品質管理(ISO9000)など

(2)製造物責任法:一般製品安全性指令(2001/95/EC)の遵守
・製品が設計上の欠陥によって人体への障害や物損等が生じた場合には、その製品にCEマークが表示されているか否かに関わらず、製造物責任法(PL法)が適用される。


*欧州、各国の当局による市場監視を実施している!


①欧州、各国では管轄当局、労働組合などが市場監視を実施しいぇいる。
②違反行為の内容 :CEマーキングの不正使用 、構造上の明らかな欠陥、適合宣言書、CEマーク&取扱い説明書の不備
③市場監視場所:通関、工場据付、稼動、保安査察、陳列棚、事故、外部通報
④処罰:構造の改善、使用禁止、市場回収、量刑、拘留、起訴、罰金!

*市場監視のサイト(RAPEX:Rapid Alert System for dangerous non-food products


*関連記事
CEマーキング概要と認証方法の違いについて