CEマーキングの概要と自己認証(モジュールA)について

* CEマークについて


CEマークは、製品をEUへ輸出する際に、EUの安全基準規則(使用者・消費者の健康と安全および共通財産等を守ること)を満たしていることを、自社が自己宣言するマークです。
尚、「CEマークは取得するのではなく」、EUの法律を遵守していることを明示するために、自社にて自ら、CEマークを製品等に貼付します。このことをCEマーキングといいます。
EU規定のCEマークのロゴ
図 CEマーク:EU指令ロゴ


* CEマークの認証方法(モジュールA、B)の違い


・CEマークキング取得するためには、主に使用する3つの方法があります。
・その中で、安易な方法が「モジュールA」です。これは、自社管理で自己認証になります。
・多くの指令(LVD、EMC、RED等)は(1)の自己認証(自社生産管理)で、CEマーキングできます。
・モジュールBはEU認定機関(NB)が「試験結果や生産管理」について関与するものです。当然、費用も発生します。
・一部の指令/規則「医療機器規則(MDR)などでは、EU認定機関が関与しなければならない指令/規則もあります。
・表 CEマークの認証方法
表CEマークの認証方法


上表より、多くの指令でモジュールA(自社生産管理)が
指令で”モジュールA”が規定されてる場合、CEマーキングは「自社認証(自社生産管理)」でCEマーキング取得ができます!


*各認証方法の流れの違い
  図.モジュールA(自己管理)とモジュールB(NB関与)の工程
図.モジュールA(自己管理)とモジュールB(NB関与)の工程
・期間が長くなり、費用もアップする。


*関連記事
自己適合宣言について.
CEマーキングとEU指令.
整合規格リストの入手方法.
整合規格リストの見方.
自己認証と第三者認証について.
CEマーキングにかかる費用の削減.


 

投稿者: EMC & Safety CEサポート

*CEマーキング、EMC,製品安全等の適合をサポート。 ・iNARTE認定(EMC & Safety)、東京都立産業技術研究センター・MTEP専門相談員