自社でのLVD試験により、CEマーク費用削減しよう!


・LVD(低電圧指令)は指令では、本指令内に記載されているように自己評価(モジュールA)が原則になっています。(LVDの試験は自社検証でよく、NB(認定試験機関)の関与は必須ではありません。)
このため、自己検証で、CEマークの自己宣言ができます。
1.自社検証によるLVDの規格試験費用の削減、及びノウハウの蓄積が図れます。
・最初の試験では試験方法を理解しなければなりませんが、その後の多数の試験は容易に試験できるようになり、試験費用は大幅に抑制できます。

・更に、LVDの規格内容も理解でき、製品への規格対応ノウハウが蓄積されていきます。


2.IEC 61010-1規格の体系
・LVD試験の計測・制御・研究室用機器の規格はEN/IEC61010-1です。
この規格の体系は下図のようになっています。
主に試験に関係する項目は、保護要求(6~15項)になります。


3.試験機器が必要な試験項目
・特に測定が必要な試験項目は「電気関係と温度関係」の測定が主です。その他の項目は測定器を使用しない目視等による検査がほとんどです。
・電気、温度の試験には上記の電気と温度関係の計測器を揃えるか、又、不足分はレンタル等で借りることで、対応できます。


4.試験機器も導入費用
・電源入力が16A以下ならば、EMC試験設備(数億以上)と比べて、非常に安く(約3百万程度)設置できます。
・又は、試験機器をレンタルして、試験することも有効です。


5.テストレポートの作成
・テストレポート様式はIECから購入して、利用できます。


6.各種の効果:ノウハウ蓄積、開発期間短縮
*「自社で試験を行うのメリット」は、要求事項、試験方法の習得による、「製品安全の対応設計」のノウハウを蓄積できます。
*試験所の予約・待ち時間等に左右されなくなど
、「開発期間の短縮」が図れます。


*上記を支援いたします。
・お気軽にお問合せ下さい

投稿者: ESTCJコンサル

EMC/製品安全・コンサルタント