RoHS指令の対象製品、及び適用除外は何か!

*RoHS指令は、ほとんどの電気電子製品が適用範囲になるが、いくつかの適用除外の製品がある。
*「RoHS指令の適用対象の判断」は下図のようになる。


図.RoHS指令の適用対象の判断
図.RoHS指令の適用対象の判断

1.EEEについて:RoHS指令の第3条(1)、(2)、(5)に記述されている。
(1) 「電気・電子機器」または「EEE」とは、正常に動作するために電流または電磁界に依存する機器、およびそのような電流および電磁界の生成、伝達、測定のための機器で、交流では1,000ボルト、直流では1,500ボルトを超えない定格電圧で使用するように設計されたものをいう。
(2) 第1項において、「依存」とは、電子機器に関して、少なくとも1つの意図された機能を果たすために電流または電磁界を必要とすることをいう。
(5) 「ケーブル」とは、定格電圧が250ボルト未満のすべてのケーブルで、EEEをコンセントに接続するため、または2台以上のEEEを相互に接続するための接続部または延長部として機能するものをいう。

*2.適用除外製品について:RoHS指令の第2条4項(a)~(j)に記述されている。
・第2条4項の規定:この指令は下の機器は適用しない。
(a) 加盟国の安全保障上の本質的な利益を守るために必要な機器(特に軍事目的の武器、軍需品、戦争材料を含む)。
(b) 宇宙に送り出すことを目的とした機器。
(c) この指令の範囲から除外されているか、該当しない別の種類の機器の一部として特別に設計され、設置されることになっている機器で、当該機器の一部である場合にのみその機能を果たすことができ、同じ特別に設計された機器でのみ交換することができるもの。
(d) 大規模な固定式産業用ツール。
(e) 大規模な固定設備。
(f) 人または物品の輸送手段。ただし、型式承認を受けていない電動二輪車を除く。
(g) 専ら業務用に使用される非道路用移動機
(h) アクティブな埋め込み型医療機器
(i) 公共、商業、工業、住宅用の太陽光からエネルギーを生成するために、専門家が設計、組み立て、設置し、定められた場所で永続的に使用するシステムで使用することを目的とした太陽光発電パネル。
(j) 研究開発のみを目的として設計され、企業間取引のみで提供される機器。


*表.RoHS指令の適用製品とカテゴリNo(付属書Ⅰによる)
RoHS指令の適用製品とカテゴリNo


・尚、詳細はRoHS指令の原文を本サイト「便利リンク」ページ3項(3)RoHSより、参照ください。

投稿者: 「EMC&Safety」認定エンジニア

*CEマーキング、EMC,製品安全等の適合をサポート。 ・iNARTE認定(EMC & Safety)、東京都立産業技術研究センター・MTEP専門相談員