RoHS指令の新らしい整合規格(EN IEC 63000)を発効しています!

*EU委員会は、RoHS(電気電子機器の廃棄物)指令の新しい整合規格(EN IEC 63000)を2020年5月15日に発効しました。
2021年11月18日からは、この規格が強制になります。


EN IEC 63000:2018 (IEC 63000:2016)
Technical documentation for the assessment of electrical and electronic products with respect to the restriction of hazardous substances
・表題:「電気電子製品における有害物質の制限評価に関する技術文書について」


・尚、現在の整合規格EN 50581は2021年11月18日に破棄されます。
・このため、この規格EN IEC 63000:2018がRoHS指令の整合規格になりました
*内容の違いはIEC採用化に伴い、図1(技術文書作成の流れ)
流れを上下を逆に記載変更したのみで、EN 50581:2012と内容は変わりません。


*注意:今後、この整合規格の更新で行わなければならないこと
 ・DOCとTDの整合規格「名称&年号」を「EN IEC63000:2018」に書き換えることが必須になります。

・即ち、EN 50581:2012 (現在のもの)→ EN IEC 63000:2018に書き換え
・表.RoHS指令の整合規格更新(違いのまとめ)
 表.RoHS指令の整合規格更新(違い)


図1.RoHS技術文書作成の工程
RoHSの技術文書作成の工程


*参考:規格の項目
1 範囲…..6
2 参照….. 6
3 用語と定義… 6
4 技術文書….. 6
4.1 概要….. 6
4.2 技術文書の内容………. 7
4.3 材料、部品、および/またはサブアセンブリに関する情報…….. 7
4.3.1 製造業者が行うべき作業……………. 7
4.3.2 必要な情報を決定する……….. 8
4.3.3 情報の収集………… 8
4.3.4 情報の評価…….. 9
4.3.5 技術文書のレビュー…. 9
参考文献… 10
図1- 技術文書を作成する工程……… 7


*関連ページ
RoHS指令において適用除外の大規模機器とはどんな機器なのか


 

投稿者: EMC & Safety CEサポート

*CEマーキング、EMC,製品安全等の適合をサポート。 ・iNARTE認定(EMC & Safety)、東京都立産業技術研究センター・MTEP専門相談員